太陽光発電の普及支援は絶対に利用しよう

太陽光発電の普及支援は絶対に利用しよう


太陽光発電の普及支援は絶対に利用しよう
現在注目されている太陽光発電は100%自然再生エネルギーを使用した電力供給方法となります。
地球が誕生する以前から降り注ぐその太陽の力は、まさに最強の自然再生エネルギーと言えるのです。 太陽光発電は、そのシステムが正常に可動して太陽光がある限り、永久的に使用をすることが出来るものとなります。
限りのある石油などに変わる自然再生エネルギーとして、日本国内だけに限ったことではなく世界的に注目されているシステムなのです。太陽電池というのは電力を蓄えておくことの出来る電池とは根本的に異なっており、太陽エネルギーを電力に変換するものとなります。
その太陽電池というものを、太陽の光が当たる場所に置き、そこで作り出した電力を使用するのが太陽光発電となります。

太陽電池というのは別名でセルとも呼ばれ、単純にセルの範囲が大きいほど太陽光を浴びることとなる範囲も大きくなるのです。
このことから作り出す電力が必然的に多くなりますし、太陽光が強ければ強いだけ、電力も強くなります。




太陽光発電の普及支援は絶対に利用しようブログ:04月02日

昭和三十八年に我が家にテレビがやってきた。
その時、わしは小学一年生だった。

まだ番組がない時は
画面に大きな円形のマークが入っていた。
勿論、白黒である。

わずかな息子番組がある時は、
外で遊んでいてもダッシュで走って帰っていた。

お母さんは農家の仕事でいつも外に出ていたので、
わしの記憶の中では、
いつも祖母と二人でテレビを見ていた。

特に、長い休みの間は
わしは祖母と二人で時間を共有して、
テレビの前にいることが多かった。

小学二年生の夏休みの事…

ふと気がつくと、祖母が
番組の歌や配役の名前などの、
ひらがなやカタカナを、声に出して読んでいるのがわかった。

それも、すらすらとは読めない。
特にカタカナはとてもぎこちなかった。

漢字もとても簡単で、
小学二年生のわしが知っている漢字の読み方を、
時々わしに聞いては、声に出していた。
文字がわからなくなるとわしに聞いた。

ある日、わしはしつこく聞かれ、教えてあげたが、
その時、心の中で「何で、わしに聞くの?」と思った。

そして、その時、
多分うっとおしいような顔をしていたのだと思う。

祖母は、わしに気の毒そうに小さな声でつぶやくように、
「わしは、子守り奉公に行ってたからなあ~」と言った。

祖母が家の事情で、ほとんど小学校にも行けず、
子守り奉公に行っていた事をお母さんが話してくれた。

わしはまだ息子だったが、
小学校へ行くことが当り前だと思っていたのに、
そうではなかったことに衝撃を感じたことを今でも覚えている。

わしはその時八歳で、祖母は七十七歳だったので、
祖母の子供時代は遥かに遠い昔のように思えたが、
小学校へ行ける自分が、
とても幸せだと感じたことも忘れることができない。
太陽光発電の普及支援は絶対に利用しよう

太陽光発電の普及支援は絶対に利用しよう

★メニュー

安定的に暖かくて晴れが多い地域が発電量豊富
誰もが気になる太陽光発電の導入費用
自宅にあったメーカを選ぶということでオーダーメイドとも言える
発電量は設置エリアによって違う
売電だけを目的とした投資対象としての利用
訪問販売でのトラブルが後を絶ちません
全ての見積サイトが優良とは限らない
石油などに変わる新しいエネルギーの太陽光発電
太陽光発電の普及支援は絶対に利用しよう
貴方の住んでいる地区の補助金について


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)噂が広がる太陽光発電情報