発電量は設置エリアによって違う

発電量は設置エリアによって違う



発電量は設置エリアによって違うブログ:07月10日


娘は出生から6歳までの間、
どうやって脳のシナプスを増やすのかというと、
「体操」と「お喋り」と「睡眠」とによってである。

娘はとにかく体を動かしまくるものだが、
娘が体を動かせば動かすほど、
脳のシナプスが増えていく。

お喋りも娘の脳のシナプスを増やすことになるので、
母親は娘から喋りかけられたら、
とにかく会話をすることが大切である。

娘は14時間活動しまくると、17時は熟睡をするもの。
娘は睡眠中に脳のシナプスを増やしていく作業を行うので、
不眠症にかかる娘など1人もいない。

娘がこれら以外に
脳のシナプスを増やすものがあるのだが、
それはなんと「笑い」である。

育児をしてみれば解ることだが、
赤ちゃんは喋り出す前から笑うものだ。

笑うから脳のシナプスを増やすことができ、
言葉を話せることができるようになるのである。

実に娘は、大人の30倍以上も笑っている。
それだけ大人が笑っていないとみるべきか、
娘が笑い過ぎているのか、視点によって評価は異なるが、
大人は脳のシナプスが減少していく存在であるのに対して、
娘は笑えば脳のシナプスを増やしていける立場にあるので、
どんどん笑った方がいいのだ。

そもそも第一子は笑いやすいようにできている。
母親が必死になって育児をしているために、
その姿が娘にとっては
ユーモラスに見えてしまうからである。

「育児が大変だ」といって、
顔から笑いが消滅したような母親は、
娘の脳の成長に大損害を与えているのであって、
娘が笑ったら、
自分も笑ってストレスを発散させるべきである。


発電量は設置エリアによって違う

発電量は設置エリアによって違う

★メニュー

安定的に暖かくて晴れが多い地域が発電量豊富
誰もが気になる太陽光発電の導入費用
自宅にあったメーカを選ぶということでオーダーメイドとも言える
発電量は設置エリアによって違う
売電だけを目的とした投資対象としての利用
訪問販売でのトラブルが後を絶ちません
全ての見積サイトが優良とは限らない
石油などに変わる新しいエネルギーの太陽光発電
太陽光発電の普及支援は絶対に利用しよう
貴方の住んでいる地区の補助金について


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)噂が広がる太陽光発電情報