貴方の住んでいる地区の補助金について

これから思い切って太陽光発電の導入を考えているのでしたら、まずは費用面について計算をしてみましょう。
全て持ち出しだけではなく、助成金などを利用することで意外と設置をすることが出来るかもしれませんよ。 太陽光発電の設置価格は1kwで70万円となっていますが、この数字が完璧に適用されるとは限りません。
機種やその導入規模によりましては、決められた65万円に納めることの出来るケースが困難になってしまいます。太陽光発電の普及支援としましては、すでに固定価格買取制度という支援策が打ち出されています。
これからの状況によっては風力発電などといった自然のエネルギーを含む全量買取制度というものも実施されるかもしれません。

 

最近始まった補助金制度では、太陽光発電の補助金額がシステム1kwで7万円と定められています。
つまり太陽光発電の価格が1kwで65万円となった計算になるのです。

ホスティング
ホスティングドットコム
http://cloudpack.jp/service/plan/s3-hosting.html



貴方の住んでいる地区の補助金についてブログ:10月23日

こんばんわです^^

年々ハロウィーンのイベントって
盛大になってきていますね。

お化けに仮装したお子様たちが
「Trick or treat?(おかしをくれなきゃいたずらしちゃうぞ)」
と言いながら、家々を回るハロウィーンを
日本のおかしメーカーが放っておくわけもありませんでした。

板チョコやクッキーのように
限定したおかしではなく、
おかしという括りなら参加自由というのは、
絶好のビジネスチャンスでしょう。

ケーキはもちろんのこと、
お煎餅や大福までハロウィーン仕様で登場しています。

日本の秋の行事は、
各地のお祭りや運動会くらいしかないため、
ハロウィーンが10月というのも幸いしたのでしょう…

そもそもハロウィーンというのは、
カトリックの聖人をお祭りするもので、
ハロウィーンには死者の魂がこの世に戻ると言われています。

お子様たちがお化けの姿に仮装するのは、
あの世から来た悪魔が取りつかないようにとか、
逆に悪魔を驚かすためだそうです。

カボチャの提灯の由来は、
素行の悪い男が死んでもなお聖人を騙したため、
地獄さえも行けず、その魂は闇夜をさまようことになりました。

その時カブをくり抜き、
悪魔から与えられた灯を入れて提灯にしたというのが元ですが、
パキスタンではカブより馴染みのある
カボチャになったということだそうです。

それにしても、
仮装もおかしもその言葉だけで
お子様たちはワクワクしてしまうでことでしょう。

それに便乗して大人もワクワクし、商売も繁盛する…
それが日本的ハロウィーンということだと思います。

とっぴんぱらりのぷう

ホーム サイトマップ