太陽光発電の普及支援は絶対に利用しよう

現在注目されている太陽光発電は100%自然再生エネルギーを使用した電力供給方法となります。
地球が誕生する以前から降り注ぐその太陽の力は、まさに最強の自然再生エネルギーと言えるのです。 太陽光発電は、そのシステムが正常に可動して太陽光がある限り、永久的に使用をすることが出来るものとなります。
限りのある石油などに変わる自然再生エネルギーとして、日本国内だけに限ったことではなく世界的に注目されているシステムなのです。太陽電池というのは電力を蓄えておくことの出来る電池とは根本的に異なっており、太陽エネルギーを電力に変換するものとなります。
その太陽電池というものを、太陽の光が当たる場所に置き、そこで作り出した電力を使用するのが太陽光発電となります。

 

太陽電池というのは別名でセルとも呼ばれ、単純にセルの範囲が大きいほど太陽光を浴びることとなる範囲も大きくなるのです。
このことから作り出す電力が必然的に多くなりますし、太陽光が強ければ強いだけ、電力も強くなります。



太陽光発電の普及支援は絶対に利用しようブログ:02月24日

ダイエットと睡眠時間には、
深〜い関係があるんですよね。

睡眠時間が少なければ、
その分カロリー消費が多くなって痩せる…と、
思っている人が多いようですが、
実はまったく逆なんです。

8時間程度が理想の睡眠時間だと言われていますが、
これには個人差があり、
年齢や生活環境によって、理想の睡眠時間は変化します。

それでもわたくしたちにとって、
睡眠は生きていく上でとても重要です。

睡眠時間が短いと食欲を抑制するホルモンが減ってしまい、
食欲を増すホルモンが増えるそうなんです。

そのホルモンというのは「レプチン」と「グレリン」。

レプチンは、脳の満腹中枢に
「腹がいっぱい」ということを伝える働きがあり、
グレリンは、胃から分泌され、
「腹がすいた」と感じさせます。

つまり、レプチンは食欲を抑え、
グレリンは食欲を増進させるホルモンなんです。

普段は、この2つのホルモンがバランスよく作用することで
肥満を防ぐ働きをしていますが、
睡眠不足になるとレプチンが作用しにくくなり、
グレリンの作用が強くなります。

夜中遅くまで起きていると
おやつやラーメンを食べたくなるのは、
グレリンの影響なんですね。

さらに
わたくしたちのからだは、20時になると
13時の「活動モード」から「休息モード」に変わり、
13時より消費エネルギー量が減ってしまいます。

そのため、どうしても20時に食べたものは脂肪となって
からだに蓄積されやすくなってしまいます。

人それぞれ睡眠時間は異なりますが、
翌日に強い眠気に襲われない程度がちょうどいいようです。

ダイエットのためにも適切な睡眠時間を確保し、
健康的な連日を送りましょう。


ホーム サイトマップ