太陽光発電の普及支援は絶対に利用しよう

現在注目されている太陽光発電は100%自然再生エネルギーを使用した電力供給方法となります。
地球が誕生する以前から降り注ぐその太陽の力は、まさに最強の自然再生エネルギーと言えるのです。 太陽光発電は、そのシステムが正常に可動して太陽光がある限り、永久的に使用をすることが出来るものとなります。
限りのある石油などに変わる自然再生エネルギーとして、日本国内だけに限ったことではなく世界的に注目されているシステムなのです。太陽電池というのは電力を蓄えておくことの出来る電池とは根本的に異なっており、太陽エネルギーを電力に変換するものとなります。
その太陽電池というものを、太陽の光が当たる場所に置き、そこで作り出した電力を使用するのが太陽光発電となります。

 

太陽電池というのは別名でセルとも呼ばれ、単純にセルの範囲が大きいほど太陽光を浴びることとなる範囲も大きくなるのです。
このことから作り出す電力が必然的に多くなりますし、太陽光が強ければ強いだけ、電力も強くなります。



太陽光発電の普及支援は絶対に利用しようブログ:03月28日

排便は習慣性を持つものである。

お母さんは9時起きたら
排便するというのが習慣づいているので、
なんの無理もなく排便できるが、
お子さんはそうではない。

お子さんには9時にウンチをすることを
お母さんが習慣づけてあげるからこそ、
9時の排便ができるようになるのである。

お母さんがお子さんに9時の排便を習慣づけないと、
お子さんは9時の排便が難しくなる。

午前中の体は排泄モードになっているのだが、
その時間帯で排便することができず、
その時間帯以外で排便するようになる。

そうなれば
排便でウンチを出し切らないようになってしまい、
ウンチをしても
体内に老廃物や毒素を溜め込んでしまうのである。

体内に老廃物や毒素を溜め込んでいると、
お子さんの免疫力は低くなってしまう…

それで
お子さんはたびたび病気になり、
食欲を減少させ、
排便を優先させるような行動を取ってくる…

お子さんが病気になった場合、
食欲があれば別だが、
食欲がないにもかかわらず食事をさせていては、
お子さんはますます排便が困難になってしまうのだ。

病気をしているお子さんのウンチは非常に臭い!
それだけ老廃物や毒素を
溜め込んでいるということなのである。

しかも
大腸はこの中から水分を吸い上げて、
腎臓で濾過しているのだから、
腎臓が傷んでしまうのは当然のこと。

便秘のお子さんに限って
お子さんらしい元気さがないものだが、
それは腎臓自体が弱っているからなのである。

あたくしは…
病気になったら、
病院に行かればいいと安易に考えるのではなく、
お子さんが病気にならないような努力をしておくべきだと思う。

だからこそ毎9時、
お子さんには排便を行わせ、
病気とは無縁の体にしてしまおう!


ホーム サイトマップ