発電量は設置エリアによって違う

太陽光発電は数多くのメリットの他にもデメリットがあり、これをまずは理解しておく必要があります。
初期費用の問題、そして天候などに発電量が左右されるなどの知識を勉強しておきましょう。 住宅の屋根型や、システムの規模などなど太陽光発電の初期費用は各家庭で大きく異なっています。
詳細を知りたいのでしたら、まずは太陽光発電の設置業者にメールか電話で問い合わせをしてみましょう。家庭用の太陽光発電システムが導入され始めた1994年当初には、1kwあたり約200万円もする超高価な設備でした。
しかし現在におきましては1kw65万円〜67万円程度にまで下がり当初の半分以下となったのです。

 

太陽光発電の工事単価としましては太陽光発電システムを導入するための工事価格をシステムの容量で割って計算をしていきます。
今現在太陽光発電の設置を検討している人は、導入の目安として覚えておくと便利です。



発電量は設置エリアによって違うブログ:10月05日

あさ食は、
これから24時間を乗り切る体質にとっては、
ガソリンのようなもの。

あさ食を食べないということは、
車に例えると、ガソリンを補給せずに走り出すのと同じことです。

このエネルギー切れの状態を、
栄養不足、飢餓状態だと体質は判断します。
体質の中に貯めた栄養分を使って、体質を動かすしかありません。

貯まっている体脂肪から使ってくれればうれしいのですが、
そううまくはいきません。

あさ食抜きの生活を続けていると、
体質が、そのガス欠の状態に慣れてきてしまいます。

だから、シェイプアップのためにと、
あさ食を抜いていると、
脂肪を溜め込みやすい体質になるわけです!

本来、人間の体質は、
24時間に必要なエネルギーを三食に分けてとります。

「あさ食」は、寝ている間にガス欠になった
体質にガソリンを入れるようなもの。
エネルギー源になる、糖質をしっかりとりましょう。

「13時食」は、日中動いて足りなくなった分を補います。
糖質・脂質・たんぱく質をしっかりとって、
一番働く午後に備えましょう。

24時間の最後の食事は「夕方食」。
夕方食の後は寝るだけなので、
ガソリンを満タンにする必要はありません。
腹八分目で抑え、寝ている間の細胞分裂のために、
たんぱく質をしっかりとることが大切です。

毎食バランスのいい食事をとることも大事ですが、
体質に一番必要な栄養素を考えると、実はそれぞれ違うのですよね。

こう考えると、三食すべてが必要な理由がわかりますよね。

シェイプアップを成功させるためには、
24時間三食をきっちりとるべきなんです!


ホーム サイトマップ